2016年2月 4日 (木)

これからもどうぞよろしく

23

一日中オーストラリア・オープンの放送をやっていたチャンネル7も、料理、クイズ、ドラマなどに切りかわり、テニスがあったのがウソのようです。

私達も途端に帰国モードになり、特にツアーに行く事もなく、食材を買わず、冷蔵庫の中身をチェックしながら食べています。

メルボルンの古い建物と新しい建物が不思議と調和した美しい街並み、様々な人種が行きかう(特に中国人、アジア人)エネルギッシュな町、何より道路のかわいい実をつけた大きな高いポプラの素晴らしい並木、どこまでも広い芝生とユーカリは色々な樹木の公園。

Img_0951

きれいな空気(髪が本当によごれないです)に別れをおしんでいます。

私の日記がわりのブログをいつも見てくださっている方々に感謝しつつ終わりますが、又 日本で会いましょう。

これからもどうぞよろしく。

ヒロコ

 

2016年2月 2日 (火)

130

今日はとうとう女子の決勝です。

昼食後ニンジンの種を探して、トラムを乗り換えながらホーム・センターへ行きました。

途中、バーゲンセール真っ只中のお店などをのぞきながらです。

夜はテレビでウイリアム x カーバーの試合を見ました。見事カーバーが勝ちました。

翌日カーバーがヤラ川に飛び込む様子がテレビに映されていました。

寒さも喜びで吹き飛んでしまったでしょう。

 

131

とうとうオーストラリア・オープンも最終日がやってきました。

昼間、駅前広場では、パブリック・ビューを見るため人々が椅子に座ったり、寝そべったりひて、時を待っていました。会場の中のパブリック・ビューも人々できっといっぱいの事でしょう。

ご存じのようにジョコビッチのストレート勝ちでした。

やっと終わったオーストラリア・オープン、気が付けば26日には帰国予定。

6日しかありません。ちょっとあせってきました。

 

21

テニスもすっかり終わり、オフィシャル・ショップも跡形もありませんでした。

市の中心のマイヤーとデビット・ジョーンズを中心とするブランド・ショップ街を一度見てみようと出かけましたが、私達には無関係のようです。

メルボルンには日本食レストランも沢山ありますが、Sushiのお店が以外と多く、沢山の人でごったがえしている店(take outの店)をちょっと覗いてみたら、海苔巻き風のすしが多く、いなりずしもありますが、価格が1貫150円から500円位するのでびっくりです!

US$に対しては円安ですが、AUS$に対しては前回パースに来た時と比べるとむしろ円高で助かっています。といっても物価は高いです。

水が450円位したり、マックのクオーター・パウンダーで550円位。

アボカドが何と380円位するのできっとおいしいのかと今日買ってみました。

が特に美味しくなかってがっかりです。

肉は安いのでビーフとかうんと食べるようにしています。

 

 

128

今日は出疲れでお休み。

7:30からテレビでロッド・レバーでのジョコビッチとフェデラーの試合を見る。

昨日のマレー x フェレールも好試合でしたが、この試合も見ごたえがありましたネ。

ジョコビッチの勝ちでした。

 

何を食べてるかって?

朝:トーストとサラダ(レタス、キュウリ、セロリ、アスパラガス、トマト)紅茶

部屋にエスプレッソ・メーカがあるが、コーヒーが欲しい時は、隣のセブンイレブンで買ってきます。(1ドル)

昼:パスタ(スパゲッティ)ベーコン、ナス、アスパラガス

夜:チキンソテー(かしわを薄く開いて醤油、カレー粉、こしょうでつけこんだ)

スナップエンドウとネギのデイップぞえ。メインはおかゆです。

129

メルボルンで一番広くて古い(100年以上も前からあるという)大きなマーケット、クイーン・ビクトリア・マーケットへ。

Dscf1763_2

駅から古い建物と新しい建物が入り混じり不思議とぴったりマッチした街並みを見ながら、古い建物がこうして残ってお店になったり、会社になったり、そのまま使われているのはとても素晴らしいなあと思いながら - - -

果物も野菜も山盛りいっぱい、肉、魚も新鮮そのもの、生きている蟹などもありました。

Dscf1766_2

お店がとにかくいっぱい。ソーセージ、チーズなどの専門店、フードコート、衣料何でもあり。しっかりここで買込み、リュックにつめこみ持ち帰ってもらいました。

夜はテレビでマレーとラオニッチの試合を見ました。

ラオニッチが途中で体の調子がおかしくなり、それがなければラオニッチの勝ちだったと思う試合でした。

それにしてもテニス・プレヤーって足首が本当に細いですよネ。

 

 

2016年1月28日 (木)

錦織 x ジョコビッチ

クオーター・ファイナル

125

今日は、植物園へ行くつもりが、夫の日本から持ってきた風邪が未だなかなか治らず、それに連日出かけているので今日は自宅でテレビ観戦にする!

7:00からハイセンスでマレーとオーストリアのトミックの試合があり、ストレートでマレーが勝った時は、もう10時を過ぎていました。

次のキーズ(アメリカ)とチャン(中国)の試合が始まる前に、ジョコビッチと錦織の試合のスケジュール発表があり、明日夜7時からロッド・レイバーに決定したとの事。

何と私達はそのチケット!! 持っているのです 明日が楽しみ!! 

 

1月26日

弁当(おにぎり、卵焼き、肉の醤油煮、サラダ)を作って、いざアリーナへ。

入場と思いきや、ナイト・セッションの入場は5時からでした。

会場は日本人も多く、日の丸の旗や、鉢巻き、扇子を持った応援団も一杯。

私達は、ガンバの団扇に白紙を貼ってアクリル絵の具で日の丸を描いたもの。

どこからか日清食品のにわとりのひなのロゴ(?)のプラカードが回ってきた。

今日からクオーター・ファイナルという事でセレモニーが行われ、オーストラリアの国歌が斉唱され雰囲気が盛り上がってきたところで、錦織とジョコビッチが登場。

Dscf1738

私達のシートは、二階席がランクアップされ一階の前から10列目位の所で、前方右下に、コーチ連中、錦織のお父さんとお姉さんなども見えます。

試合は、錦織が膝から上太もも全体をミイラみたいに包帯を巻いている事もあったのか、得意のストレートも決まらず、デユース負けし、ストレートで敗れましたが、ベスト8入りし、何よりはるか日本から応援に来てくれている人達に全豪オープンの場でジョコビッチとの試合を見せてくれてありがとう。

Dscf1744

ジョコビッチは何時か破らなければならない一寸高い壁ですが、いつかやってくれるでしょう。

その後女子ダブルスの順々決勝戦を一寸見て帰りました。

 

1月27日

今日は、デイ・セッションのチケットで11時までに入場。

三試合あります。

アザレンカがドイツのケルベルに負けるという番狂わせ(?)があり、コンタが中国チャンに勝試合を見て、フェレールとマレーの試合が始まりました。

接戦ですがどんなボールでも取って深く返すという長い打ち合いの対戦でした。

Dscf1759

観客は1ゲーム終わる度に、皆長いゲームにお尻が痛くなるのか立ち上がります。(椅子が以外と小さいのです)

試合中は飲み食いが自由なので、合間にサンドイッチ、フィッシュ・アンド・チップス、アイスクリーム、寿司、ビールなどを買いにいっては持ち込んで、食べながら観戦です。

試合は4セットまでもつれこみ、結局3時間20分の大試合でした。フェレールが惜しくも負けましたが、見ごたえのある試合で、負けているフェレールをつい応援したくなる試合でした。

「これで私達の会場へ出かけてのテニス観戦は終わりました。」

明日からはアパートのテレビでゆっくり見ます。又 画面には出てきませんが、ジュニアの試合も外のコース(22面あります)で行われており、日本人も多く出ています。

観客が100人位で寂しいけれど、みんな頑張っています。

未来の錦織がんばれ!

夜テレビで最後のクオーター・ファイナル。

フランスのモンフィル x カナダのラオニッチ。ラオニッチの勝ち、これで準決勝出場4人が決まりました。

 

 

2016年1月25日 (月)

錦織 x トンガ

124

朝、pcでチェックすると、今日はハイセンス・コートで錦織とトンガの試合が11時にあるというので(ハイセンスは自由席でロッド・レバー、マーガレット又は入場券さえあれば見ることができます。)お弁当を作って行くことにしました。

今日は朝から雨で屋外のコートは試合中止のためか、みんなゾロゾロとハイセンス・コートに向かっています。

二階の端の方に二席とれました。(池田の駅前で、無料で配っていた団扇の片方に白い紙を貼り、日の丸を絵具で描いた自家製応援団扇を持参しています。)

日本人も沢山応援に来ていました。

それぞれ、ガンバレ ケイ とか Go ケイ、 Hot shot色々書いた扇子などの応援グッズを手にしています。

Dscf1718

フランスは子供達のグループが声を合わせて声をあげたり、"Come on Tonga"とかいう声の応援が目立っています。

試合は、錦織が最初から好調でした。トンガのサーブは 200キロ前後で思った程でていなくてラッキー、打ち合いに持ち込めば錦織の勝ちです。

第一ゲームから好調で、試合半ばでは余裕さえ感じられ安心して見ていられました。

結局ストレート勝ち! 

Dscf1715


素晴らしい試合でメルボルンに来て本当に良かったと思いました。

試合後も錦織は丁寧にみんなにサインして、タオルをプレゼントし、好感が持てます。

試合終了後、男子ダブルス、女子ダブルスを見て外に出ると雨もあがり、ジュニアに試合があるとの事で、一試合宮本+Ciao x カナダ+オランダ(?)を見ました。何とか勝ちましたが、観客は100人程でさみしい試合でした。

今日は本当に幸せな一日でした。

 

初観戦

122

お弁当を持ってテニス場へ。

入場券を買うとマーガレット・コートとロッド・レイバー・アリーナ以外の試合は自由に見られます。

錦織の試合は既に始まっており、チケットは完売で、コートには入れないが、せめて出来るだけ近くにとマーガレット・コートのドアの外に取り付けられたモニターの前に他の日本人達と座って観戦しました。

ラッキーにも日本人の女の方が「錦織の試合の次のトンガの試合を見たいので、錦織の試合を見ませんか」と声をかけてくれて、何とチケットを貸してくれて、初めてマリーナの中に入りました。それも前から7列目、マイケルチャンがもうそこに見えるシートです。そこには、生錦織が - - - アリーナの雰囲気とボールの音に圧倒されてしまいました。

Dscf1702

(そのチケットは特別なチケットで値段がゼロになっていました。)

ラッキーでした。終了後はハイセンス・アリーナで試合を見て家に帰りました。

 

123

始めてマーケットに行きました。(数日前に行ったのですが、休みでした)

大きなマーケットで何でも売っています。魚屋には寿司も売っていました。

サーモンとサーロインを2ピースづつ、他にもレモン、スティックにんじん、バジル、パン、スプリング・オニオンのデップ、チーズ、花(ロベリア)を買いました。

Img_0921

それから海の方にシーフードを食べに行き、帰りメルボルンでは初めてカジノへ行き、夜は、テレビでテニスを見ましたが、夜の試合は1020分頃から始まり、今11時半ですが、未だ2セット目が終わっていません。接戦です。

期間中はどんなに試合が遅くなっても交通機関は走らせるとの事です。

 

 

 

2016年1月21日 (木)

メルボルン到着

1 月17日

家を出て約24時間、18日夕方、アパートのドアに取り付けられたキーケースからキーを取り出すのに少し手間取ったけれど無事アパートに着きました。

だけど今回の飛行機はよく揺れました!

気温も38度と聞いていましたがアパートに居ると半袖でちょうどの快適温度です。

 

19日(3日目)

アパートは市の中心から少し離れているので歩いてみることにしました。

古い建物と新しいのが入り混じった街を歩き、ヤラ川を渡り、川に沿って散歩の人、ジョッギングの人に混じって町の方に歩くこと1時間。

Img_0908


オーストラリアン・オープンの旗がはためく広場の横を通り、中心のビジター・センターへ。

ドルを持っていなかったので両替。US$に対して円安だが、AUS$に対してはむしろ円高(AUS$安)かな。

スーパへ行き、明日からの為、野菜、肉、調味料等買い出し。

今日は随分歩いて疲れました。

 

20日(4日目)

アパートの前からトラムに乗りCityへ。

テニスのチケットを受け取りにHISのofficeへ。26日ナイト・セッション、27日デイ・セッションのチケットを受け取りました。(今日はマーガレット・コートで錦織が出場するとの事。)

トラム(中心部は無料です)で二駅、降りてチャイナ・タウンへ。飲茶を食べ、City Circleという市内一周の無料トラムで一周。

Img_0906_2

テニスはこの時期沢山の人々で混み合うため、臨時トラム、案内ボランティアが沢山見られます。

パブリック・ビューを見る人、会場へ急ぐ人。私たちも会場入口まで行き、今日は下見だけとし、もし半額にチケットでも手に入れば見る事にして帰りました。

錦織は、今日勝ったとの事。私達のチケットで待っている順々決勝まであと1試合。

もしかしたら - - -がんばれ。

オーストラリアで一番さかんなスポーツは多分クリケット。トラムからも広い公園でクリケットもよく見かけます。次はラグビーでしょうか?

オーストラリアにはテニスコートがいっぱいありますが、昼間練習をしている姿は殆ど見かけません。なぜ?

 

1月21日

本日、夫は大きな公園(Royal botanic Gardenです)まで散歩に行きました。私は、テレビでテニス観戦ですが、もちろん放映はオーストリア人の試合がメインです。

オーストラリアン・オープンでは、選手も観客も服装がそれぞれ面白く、又 応援の仕方もおもしろい。カラフルはスタイルに拍手、口笛、掛け声。。。。

昨日はオーストラリアの旗模様の服を着たヒューイット、モヒカン刈のキルジオス、ギャル風のガブリオベetcが勝った。

朝から私は、マーガレット・コートの試合を見ています。今日は マレーの試合がある。

2015年11月18日 (水)

箸展

久しぶりに投稿します。

皆さまお変わりございませんか。

藤沢裕子  展 開催します。

Dscf0625

2015年11月27日(金) ~ 12月 2日(水)

11時30分 ~ 16:00

於 : ギャラリー 手しごとや 2F ギャラリー Tel: 072-761-0064

池田市鉢塚 3-15-5A

2015年2月17日 (火)

やっと一期目の開拓が終わる。

第一期の開拓終了

2013年6月14日早朝からギャラリーに一番近い場所、孟宗竹に侵食されている箇所から、刈り払い機で笹を、鎌で蔦を切り備中鍬で土を掘り起こす作業をし、ブラックベリーを植えてから、1年8カ月目にしてようやく一期目の開拓を終える。少しずつ植え付けの場所を確保し、当初の開拓終了目標は、2013年末であった。

腰を痛め長期に作業を中断せざるを得なかった時期もあり、当初計画より1年2カ月遅れ。長かった。一体どれほどの竹の根、クズの根、藪がらしの根を掘り起し、焼却しただろう。

最後に堆肥作り用の囲いを作り、ようやく終えた。ヤッター。

Img_0804

 

二期の開拓開始の時期は今のところまだ決める意思が固まらない。(一期目の場所より笹が多く茂っているので。蛇、スズメバチの出る春前に取りあえず笹を刈り取っておかないと本年中に開拓開始できないが)

2015年1月23日 (金)

味噌作り

1月23日 味噌作り

初めての味噌作りに参加。以前から興味を持っていた味噌作りに参加する機会がもてた。

場所は、ギャラリー近くの農村婦人会館。朝8時20分頃現地到着、既に世話役の方々が前日洗った米を蒸している(大きな蒸し鍋x2 計5斗)。蒸し時間約50分、米粒を指で摘まんで芯が無くなっていればOK。餅撞きの蒸しと同じ要領、状態。

Photo

蒸しあがったらテーブルの上に敷布を置き、水で濡らし固く絞った敷布を重ね、蒸しあがった米を広げ少し冷まし(40度位、放冷)、麹菌をパラパラと振り、米を揉む要領で菌をまんべんなくいきわたるようにすり込むように手早く混ぜる。(種付)

Photo_2

その後、種付けした蒸米を発酵機に入れ、濡れタオルを置き、ファンの受感部を米の中心に水平に差し込み、ヒーター、ファンの温度を38度に設定し、ON。(取り込み)

Photo_3

今日は、ここまで。参加者16名(男一人)

 

2015年1月12日 (月)

年末年始

昨年末シイタケの駒菌を植え付ける。

Img_0787

山で楢の木を伐り出し、原木にドリルで穴を開け駒菌(今年は1000駒)を入れる。作業位置が低いので腰が痛い。(来年はきっと作業用の台をこしらえよう)

途中で原木が足らなくなり、次の日に再び木を切り出しに行く。

丁度いい径の木が少なくなってきた。直径30cm位の木はたくさんあるが、切り出しが困難、来年の対策をどうしよう。

 

新年

1週間でピラカンサの実が全てなくなる。ヒヨドリが20羽程度木にむらがり、実をつつく。すごい食欲、ヒヨドリが多すぎて毎年来るメジロが殆ど寄り付かなかった。私個人としては、メジロに食べてもらいたかったのに。

Img_0789

水仙がようやく咲く。一昨年は12月中旬に咲いたのに、昨年末、今年と寒いせいかな。

20日程度遅れている。

梅の蕾がまだ固い。この時期に剪定を済ませよう。

最近の写真

  • Img_0951
  • Dscf1766_2
  • Dscf1763_2
  • Dscf1759
  • Dscf1744
  • Dscf1738
  • Dscf1718
  • Dscf1715
  • Img_0921
  • Dscf1702
  • Img_0908
  • Img_0906_2